icon-sns-youtube icon-sns-facebook icon-sns-twitter icon-sns-instagram icon-sns-line icon-sns-tiktok icon-sns-etc

札幌交響楽団 第660回定期演奏会

札幌交響楽団 第660回定期演奏会
<4月20日・21日 北海道・札幌コンサートホールKitara> 2021年に創立60周年を迎えた北海道唯一のプロ・オーケストラ札幌交響楽団(札響)。札響の魅力といえば、北海道の広い大地をほうふつとさせる雄大かつ伸びやかな音色だろう。そんな札響の演奏を存分に堪能できる2024-2025シーズンの定期演奏会が、4月の第660回定期演奏会で開幕される。
 今回の演奏会では、いまもっとも勢いのある指揮者・川瀬賢太郎が登場。取り上げる楽曲は、今年生誕150年を迎えるアメリカの作曲家アイヴズ(1874-1954)と、ロシアの作曲家チャイコフスキー(1840-1893)のカップリングだ。アイヴズの作品は、ほとんどが彼の生前に取り上げられることがなかった。今回演奏される交響曲第2番は20代の作品ではあるが、初演は1951年と、50年の月日を要した作品である。作品自体は当時のアメリカで流行した楽曲やクラシック音楽が引用されるなど、5楽章形式の非常に聴きやすい作品だ。
 後半のチャイコフスキーの交響曲第4番は、後期交響曲の傑作のひとつ。第4楽章では、《白樺は野に立てり》というロシア民謡から旋律が引用されている。ふたりの作曲家は比較的近い時代を生きているが、国をはじめとしたそれぞれが生きた社会や環境を感じられる作品だ。
 札響新シーズンの幕開けにとってふさわしい演奏会。ぜひとも会場でお楽しみを。

<文・鈴木智之>
公演名 札幌交響楽団 第660回定期演奏会
日時 4月20日(土) 17:00開演(16:20開場)
4月21日(日) 13:00開演(12:20開場)
※各日開演30分前から楽団員アンサンブルによるロビーコンサートあり
会場 札幌コンサートホール Kitara
出演 [指揮]川瀬賢太郎
[管弦楽]札幌交響楽団
プログラム アイヴズ:交響曲第2番(生誕150年記念)
チャイコフスキー:交響曲第4番
チケット 全席指定:SS席7,000円 S席6,000円 A席5,000円 B席4,500円 C席3,500円 U25割(B・C席)1,500円 スマイル席2,000円(当日販売限定)
お問い合わせ 札幌交響楽団
TEL:011-520-1771

SHARE

旧Twitter Facebook