Today's Topics

12/05
(Sat)

ドイツの作曲家、シュトックハウゼンが没した日(2007年)。音楽技法が細分化した20世紀において、メシアンに学び、当時最先端であった技法を取り入れながら自身のスタイルを築いていった。主な代表作は、3群のオーケストラのためを配置した《グルッペン》、録音した音とと少年の声をライブで融合させる《少年の歌》、演奏に28時間かからるオペラ《光》などがある。