「怖い絵」シリーズの著者・中野京子が贈る
『怖いクラシックコンサート』

絵画をスクリーン投影、フルオーケストラ&オペラ歌手による豪華コンサート

目次

お知らせ

  • 2021.6.7
    『怖いクラシック コンサート』開催決定しました。公演新着情報は随時UPしていきます。

公演概要

ららら♪クラブ実行委員会は、ベストセラーとなった「怖い絵」シリーズの作家・中野京子が解説を務める『怖いクラシックコンサート』を9月19日(日)に東京文化会館で開催します。68万人の動員を記録した「怖い絵展」(2017年東京・兵庫)の監修も務めたドイツ文学者・西洋文化史家の中野京子が、本公演では「怖いクラシック」を独自の視点で紹介します。「怖さ」をテーマに、フルオーケストラ、オペラ歌手そして絵画という他に類を見ない、見どころ&聴きどころ満載のコンサートです。

■絵画とのコラボレーション
楽曲とともに、中野京子本人がセレクトした絵画をスクリーン投影します。これまで、歴史的背景などを知ることで作品に潜む恐さが見えてくる、という知的好奇心を刺激する新しい美術の楽しみ方を提唱してきた中野が、クラシック音楽に潜む怖さを関連ある絵画とともに紐解いていきます。生演奏を聴きながら視覚的にも楽しめる、「怖い絵」ファンにも聴いていただきたい公演です。

■フルオーケストラ&オペラ歌手の豪華コンサート
フルオーケストラにオペラ歌手4 名を迎え、華やかなコンサートをお届けします。指揮者は国内外の公演で活躍中の三ツ橋敬子。また、砂川涼子(ソプラノ)、谷口睦美(メゾソプラノ)、笛田博昭(テノール)、与那城敬(バリトン)という日本有数のオペラ歌手が出演します。管弦楽は東京フィルハーモニー交響楽団です。

■親しみやすい名曲を中心としたプログラム
プログラムは第一部ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」やムソルグスキーの「禿山の一夜」ほか、第二部では豪華オペラ歌手を迎えてオペラ『カルメン』の名場面を抜粋。どこか聴きなじみのある有名曲を中心に演奏しますので、クラシックコンサート初心者にもおすすめのプログラムです。また、クラシック音楽ファンにとっては新たな発見があるかもしれません。果たしてこれらの楽曲に潜む「怖さ」とは…?
当公演は、今年春に発売された書籍「大人のための怖いクラシック オペラ篇」(KADOKAWA)とCD『怖いクラシック』(ユニバーサル ミュージック)とのコラボレーション企画となっています。ぜひ書籍、CD も一緒にお楽しみください。そして9 月19日はぜひ、会場で迫力ある生演奏で「怖いクラシック」をお楽しみください。

<中野京子コメント>
拙著『怖い絵』シリーズをもとに2017 年には上野と神戸で「怖い絵」展が開催、そして今度は「怖いクラシック」コンサートが行われることになりました。会場では大スクリーンに絵画を映し、関連した楽曲の生演奏。私も少し絵の解説をいたします。今回は『カルメン(抜粋)』もあるので、オペラ歌手の方々も共演してくださいます。
絵と音楽を組み合わせたこのような試みは、たぶん初めてのことではないかと思います。名画の数々、東京フィルの名演奏、そして天上的な歌声を、どうぞお楽しみくださいますよう。

公演名 『怖いクラシックコンサート』
会場 東京文化会館 大ホール
日時 2021 年9 月19 日(日)14:00 開演(13:00 開場予定)
出演 ソプラノ:砂川涼子
メゾソプラノ:谷口睦美
テノール:笛田博昭
バリトン:与那城敬
指揮:三ツ橋敬子
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
解説:中野京子
司会:笠井美穂
チケット S席9,800円 A席8,500円 B席7,200円 C席5,800円
※全席指定・税込み
※未就学児入場不可
プログラム チャイコフスキー:オペラ『エフゲニー・オネーギン』よりポロネーズ
ラヴェル:「亡き王女のためのパヴァーヌ」
プッチーニ:オペラ『ジャンニ・スキッキ』より「私のお父さん」
ムソルグスキー:交響詩「禿山の一夜」
ビゼー:オペラ『カルメン』より
※演奏曲目は変更になる場合がございます。
主催 ららら♪クラブ実行委員会
(ヴィーナスアクト 読売新聞社)
協力 KADOKAWA ユニバーサル ミュージック
制作運営 楽天チケット
問い合わせ ららら♪クラブ・チケット TEL:050-5434 -7343(平日10:00〜17:00)

▲Topに戻る

出演者プロフィール

中野京子(解説)

作家・ドイツ文学者。2017 年「怖い絵展」特別監修者。西洋の歴史や芸術に関する広範な知識をもとに、絵画エッセイや西洋史解説書などを多数発表。著書に「怖い絵」「名画の謎」「美貌のひと」「プロイセン王家12 の物語」など著者ブログ<花つむひとの部屋」


© Yoshinobu Fukaya

砂川涼子(ソプラノ)

可憐な舞台姿と聴くものの心を震わせる歌声で高い人気を誇るソプラノ歌手。1998年 第34 回日伊声楽コンコルソ優勝、2000 年 第69 回日本音楽コンクール第1位、05 年 第16 回五島記念文化賞・オペラ新人賞受賞、06 年 第12 回リッカルド・ザンドナイ国際声楽コンクールでザンドナイ賞受賞など、数々の受賞歴を誇る。武蔵野音楽大学卒業、同大学大学院修了。01 年から04 年まで(財)江副育英会オペラ奨学生としてイタリアで研鑽を積む。05 年より五島記念文化財団の奨学生として再度イタリアに留学。本格的オペラデビューは、00 年 新国立劇場「オルフェオとエウリディーチェ」のエウリディーチェ役。翌年の01 年「イル・カンピエッロ」のガスパリーナで藤原歌劇団公演にもデビュー。その後、数々のオペラ公演に出演を続け、その実力に裏打ちされた歌唱は常に高い評価を得ている。とりわけ「ラ・ボエーム」のミミは、NHK テレビでも放映され、“歌唱・容姿ともに理想のミミ”と絶賛を博した。近年では新国立劇場「ジャンニ・スキッキ」、<オペラ夏の祭典2019-20>でのバルセロナ交響楽団との「トゥーランドット」、日生劇場「トスカ」、びわ湖ホール「神々の黄昏」等に出演。また、活動の場はオペラにとどまらず、国内主要オーケストラにも招かれており、テレビ、ラジオへの出演も数多い。NHK ニューイヤーオペラコンサートには、02 年に初登場以来出演を重ねている。藤原歌劇団団員。武蔵野音楽大学非常勤講師。沖縄県宮古島出身。

ららら クラシックコンサート ♪Vol.4「華麗なるオペラ特集」より


谷口睦美(メゾソプラノ)

東京藝術大学卒業。同大学院独唱科修了。二期会第47 期マスタークラス修了。修了時に優秀賞受賞。二期会プロフェッショナルコース修了。06 年二期会デビューとなった『皇帝ティトの慈悲』セストで成功を収め、彗星のごとく現れた逸材に賞賛の声が寄せられた。07 年新国立劇場初登場で高校生のためのオペラ鑑賞教室『カルメン』題名役を演じる。08 年東京二期会『ナクソス島のアリアドネ』作曲家で更なる評価を得、14 年東京二期会『ドン・カルロ』エボリ公女で喝采を浴びる。以降もびわ湖ホール『ラインの黄金』フリッカ、『神々の黄昏』ワルトラウテ、『ローエングリン』オルトルート、新国立劇場『カヴァレリア・ルスティカーナ』ローラ、『ホフマン物語』、東京二期会『リゴレット』マッダレーナ、三河市民オペラ『イル・トロヴァトーレ』アズチェーナ等で絶賛されている。コンサートでは、「メサイア」、「第九」、ヴェルディ「レクイエム」等の他、ユーベル・スダーン氏の指名による東響とのモーツァルト「c moll ミサ」、新日本フィル定期ロッシーニ「スターバト・マーテル」など数多くのオーケストラと共演。また、二期会主催で開催したリサイタルでは、聴衆の心を捉える深々とした歌唱で好評を博す。他にも「NHKニューイヤーオペラコンサート」やテレビ朝日「題名のない音楽会」等に出演し、華のある舞台姿と存在感で視聴者を魅了している。第19 回出光音楽賞、平成22 年度よんでん芸術文化奨励賞受賞。二期会会員


笛田博昭(テノール)

第9 回マダム・バタフライ世界コンクール(モルドヴァ大会)第1 位受賞。第20 回五島記念文化賞オペラ新人賞受賞しミラノへ留学。12 年フェッラーラ国際コンクール第1 位。留学中にイタリア・フェッラーラ歌劇場「イル・トロヴァトーレ」マンリーコに出演。13 年にはイタリア・ローマのヴァチカン国際音楽祭に於ける枢機卿の音楽ミサで好評を博すなど海外での評価も高い。国内においても第50 回日伊声楽コンコルソ第1 位及び五十嵐喜芳賞・歌曲賞受賞。藤原歌劇団「トスカ」カヴァラドッシ、「仮面舞踏会」リッカルド「ラ・ボエーム」ロドルフォなどでプリモとしての活躍の場を広げている。現在最も注目されているテノール。藤原歌劇団団員。

ららら クラシックコンサート ♪Vol.4「華麗なるオペラ特集」より


© Hiromi NAGATOMO

与那城敬(バリトン)

桐朋学園大学卒業。同大学研究科修了。文化庁派遣芸術家在外研修員としてミラノに留学。奏楽堂日本歌曲コンクール第1 位、マリオ・デル・モナコ国際声楽コンクール第3 位入賞。2006 年『コジ・ファン・トゥッテ』グリエルモで二期会デビュー。以降、08 年東京二期会『エフゲニー・オネーギン』タイトルロール、13 年日生劇場『リア』オルバニー公、14 年新国立劇場『道化師』シルヴィオ、同『鹿鳴館』影山伯爵、16 年東京二期会『フィガロの結婚』伯爵、北とぴあ国際音楽祭『ドン・ジョヴァンニ』タイトルロール等を好演。17 年には東京二期会『蝶々夫人』シャープレスの他、香港シティ・ホールにて『ラ・ボエーム』マルチェッロで喝采を浴びる。18 年には日生劇場『コジ・ファン・トゥッテ』ドン・アルフォンソを演じ、2019 年には東京二期会『金閣寺』に溝口で主演し高い評価を得た他、グランドオペラ共同制作『カルメン』にエスカミーリョで出演。2020 年には東京二期会『メリーウィドー』ダニロで本格的にオペレッタに挑戦し、新たな魅力を開花させた。コンサートに於いても主要オーケストラと数多く共演しており、「第九」やメンデルスゾーン「エリア」、マーラー「大地の歌」、宗教曲のソリストとして活躍。「NHKニューイヤーオペラコンサート」や「東急ジルベスターコンサート」等にも出演。高い音楽性と華のある舞台姿を併せ持ち、オペラ界のトップスターとして各方面から注目を集めている。二期会会員。


© Earl Ross

三ツ橋敬子(指揮)

東京藝術大学及び同大学院を修了。ウィーン国立音楽大学とキジアーナ音楽院に留学。小澤征爾、小林研一郎、ジェルメッティ、アッツェル、シュナイト、湯浅勇治、松尾葉子、高階正光の各氏に師事。2006 年トスカーナ管弦楽団とのツアーを指揮してヨーロッパデビュー。2008年第10 回アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールにて優勝。併せて聴衆賞、ペドロッティ協会賞を受賞し、最年少優勝で初の3 冠に輝いた。2010 年第9 回アルトゥーロ・トスカニーニ国際指揮者コンクールにて女性初の受賞者として準優勝。併せて聴衆賞も獲得。これまでに札幌交響楽団、読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、大阪フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団等と共演している。2021 年4 月、コロナ禍においてNHK 交響楽団デビューを飾り、その堅実な解釈力と手腕に対し各方面より称賛を得た。


©Takafumi Ueno

東京フィルハーモニー交響楽団

1911 年創立。日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約160 名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督にチョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフを擁する。Bunkamura オーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会や「渋谷/平日/休日の午後のコンサート」等の自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『NHK 名曲アルバム』『NHK ニューイヤーオペラコンサート』『題名のない音楽会』『東急ジルベスターコンサート』などの放送演奏の他、2020 年にはドキュメンタリー番組『情熱大陸』や『NHK 紅白歌合戦』にも出演。また、各地学校等での訪問コンサート等により、全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。海外公演も積極的に行い、国内外から高い評価と注目を集めている。1989 年よりBunkamura オーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

笠井美穂(司会)

福岡県岡垣町出身。九州大学文学部を卒業後、2010年にKYT鹿児島讀賣テレビに入社。報道リポーターや音楽番組のナビゲーターを担当する。2013年にフリーとなり、NHK北九州放送局で報道番組のキャスターを務める。現在NHKでは 『BSニュース』『BSニュース4K+ふるさと』『手話ニュース』『ラジオニュース』などに出演する他、ドラマ『京都人の密かな愉しみ Blue 修業中』のナレーションを担当。その他、イベント・セミナーの司会など幅広く活動。

▲Topに戻る

チケット

S席 9,800円 A席 8,500円 B席 7,200円 C席 5,800円

※全席指定・税込み。
※未就学児入場不可。
※出演者が変わる可能性があります。出演者変更の場合でも払い戻しはいたしかねます。
※新型コロナウィルス感染状況により開催ならびに運営方法が変更になる場合があります。
※公演が中止となる場合を除き、既にご購入いただいているチケットの変更・キャンセル及び払い戻しはできません。何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。

チケット発売

◆ららら♪クラブ会員先行:6月8日(火)10:00 〜 10日(木)

http://r-t.jp/kowai/
※ららら♪クラブ会員への登録こちら

◆プレイガイド先行:6月11日(金)10:00 〜 17日(木)

※下記プレイガイド参照

◆一般発売:6月18日(金)10:00~

プレイガイド

◆ららら♪クラブ・チケット

http://r-t.jp/kowai/ TEL:050-5434-7343(平日10:00-17:00)
※電話申込の場合は基本手数料に加えて電話受付手数料330円が発生します。
※車椅子の方は、ticket-concert@mail.rakuten.com まで事前にメールでお問合せ下さい。
◎プレイガイド先行あり

◆チケットぴあ

http://w.pia.jp/t/kowai-classic/ TEL:0570-02-9999(Pコード:197-667)
◎プレイガイド先行あり

◆イープラス

https://eplus.jp/kowaiclassic/
◎プレイガイド先行あり

◆ローソンチケット

https://l-tike.com/order/?gLcode=33763(Lコード:33763)
◎プレイガイド先行あり

◆東京文化会館チケットサービス

TEL:03-5685-0650(10:00~18:00 休館日を除く)

▲Topに戻る