Today's Topics

5/22
(Sun)

音楽評論家の吉田秀和が没した日(2012年)。吉田はあらゆる演奏を的確に捉え、豊かな言葉でもって世に伝えてきた。1983年、来日した巨匠ピアニスト・ホロヴィッツの演奏に対して、数々の称賛の言葉が飛び交うなか吉田だけは「控えめに言っても、ひびが入っている」と評し、その率直な物言いが話題になったが、ホロヴィッツ自身は自覚していたという。その後再来日した際の見事な演奏に対しては格別の言葉をしたためたという逸話が残っている。