ららら♪クラシックコンサート Vol.6 ミュージカル特集
〜舞台と映画のラララな世界〜

目次

公演概要

ミュージカル界を代表する実力派スターたちと東京フィルハーモニー交響楽団(指揮・円光寺雅彦)との豪華共演でミュージカルの魅力に迫ります。古今東西、誰もが聴いたことのあるミュージカル楽曲とその背景にあるエピソードを高橋克典の楽しいトークと共にお楽しみください。

公演名 ららら♪クラシックコンサート
Vol.6 ミュージカル特集 
〜舞台と映画のラララな世界〜 
会場 サントリーホール 大ホール
日時 2019年10月26日(土)
●14:30開演(14:00開場)
●18:45開演(18:15開場)
主催 ららら♪クラブ実行委員会
(読売新聞社 パルコ ヴィーナスアクト)
企画制作 NHKエンタープライズ テンポプリモ
問い合わせ ららら♪クラブ(テンポプリモ内)TEL:03-3524-1221
(平日10:00~18:00)

出演

別所哲也  新妻聖子  海宝直人  咲妃みゆ  マリーシャ・ウォーレス
管弦楽: 東京フィルハーモニー交響楽団   指揮: 円光寺雅彦
司会: 高橋克典  金子奈緒

別所哲也

Tetsuya Bessho

1990年、日米合作映画『クライシス2050』でハリウッドデビュー。その後、映画・ドラマ・舞台・ラジオ等で幅広く活躍中。『レ・ミゼラブル』(ジャン・バルジャン役)、『ミス・サイゴン』(エンジニア役)などの舞台に出演。99年より、日本発の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル」を主宰し、文化庁長官表彰受賞。観光庁「VISITJAPAN大使」、映画倫理委員会委員に就任。第1回岩谷時子賞奨励賞受賞。第63回横浜文化賞受賞。
オフィシャルサイト

新妻聖子

Seiko Niizuma

2003年、5000倍のオーディションを突破しミュージカル『レ・ミゼラブル』エポニーヌ役で初舞台。以降、『ミス・サイゴン』キム役、『キャンディード』クネゴンデ役など、ミュージカル界屈指の歌姫として活躍。その豊かな表現力と、力強さと美しさを併せ持った歌声は唯一無二と評され、第31回菊田一夫演劇賞、平成18年度文化庁芸術祭演劇部門新人賞を受賞。現在はドラマや数々のバラエティ番組でも存在感を発揮。2019年5月アルバム「Colors of Life」リリース。
オフィシャルサイト

©ITARU HIRAMA

海宝直人

Naoto Kaiho

7歳の時『美女と野獣』で舞台デビュー。近年はミュージカル『レ・ミゼラブル』、『アラジン』、『ライオンキング』、『ジャージー・ボーイズ』、『ノートルダムの鐘』などに出演し、子役時代から培われた確かな実力が高い評価を得ている。2 0 1 8 年5月には『TRIOPERAS』のメインキャストとしてロンドン・ウエストエンド舞台デビューするなど活動の場を海外に広げている。一方で19年1月「I wish. I want.」でメジャーデビューを果たし、ヴォーカリストとしてもファン層を拡大している。
オフィシャルサイト

咲妃みゆ

Miyu Sakihi

2010年宝塚歌劇団入団、月組に配属。14年雪組トップ娘役に就任。『ルパン三世』マリー・アントワネット役、『ローマの休日』アン王女役等、様々な作品でヒロインを務める。17年に宝塚歌劇団を退団後は、『ゴースト』モリー役、『ラブ・ネバー・ダイ』メグ・ジリー役など舞台のほか、ドラマ、コンサート等で活躍、多くのファンを魅了している。昨年8月、ファーストアルバム & Blu-ray『First Bloom』をリリース。来年1月『シャボン玉とんだ 宇宙までとんだ』への出演を控える。
オフィシャルサイト

マリーシャ・ウォーレス

米国、ノースカロライナ州出身。ブロードウェイでのミュージカル『アラジン』『サムシング・ロッテン』などに出演後、2017年ウエストエンド版『ドリームガールズ』でエフィー・ホワイト役に抜擢。本年2月からはウエストエンド版『ウェイトレス』にベッキー役で出演中。2017年にはCD「クリスマス・ホリデイ」をリリース。ヴォーカリストとしても活躍しており、国際的なアーティストとの共演も多い。

Marisha Wallace

円光寺雅彦(指揮)

Masahiko Enkoji(Conductor)

桐朋学園大学指揮科卒業。指揮を斎藤秀雄氏、ピアノを井口愛子氏に師事。1980年ウィーン国立音楽大学に留学しオトマール・スウィトナー氏に師事。これまでに東京フィル指揮者、仙台フィル常任指揮者、札幌交響楽団正指揮者、名古屋フィル正指揮者を歴任。NHK交響楽団、読売日本交響楽団、新日本フィル、大阪フィルをはじめとするほとんどの国内オーケストラ、海外ではプラハ交響楽団、BBCウェールズ交響楽団等に客演し、深い音楽性と適確な指揮で多くの聴衆を魅了。テレビ等の番組にも定期的に出演など、幅広い活躍を続けている。
オフィシャルサイト

©上野隆文

東京フィルハーモニー交響楽団

Tokyo Philharmonic Orchestra

1911年創立。日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約130名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフを擁する。Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティコンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会や「平日の午後のコンサート」「休日の午後のコンサート」等の自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『名曲アルバム』『NHKニューイヤーオペラコンサート』『題名のない音楽会』『東急ジルベスターコンサート』などの放送演奏、各地学校等での訪問コンサート等により、全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。海外公演も積極的に行い、国内外から高い評価と注目を得ている。1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。
オフィシャルサイト

司会:高橋克典

Katsunori Takahashi

1993年「抱きしめたい」で歌手デビュー。その後、俳優として、「サラリーマン金太郎」「特命係長 只野仁」などのヒット作を得る。最近では、2015年にNHK-BSプレミアム「子連れ信兵衛」に主演するなど、時代劇にも活躍の場を広げている。両親は共に音楽家で、小学生の頃はピアノとトランペットに親しんだ。現在も、ロック・ジャズ・クラシックと音楽全般に関心をもっている。2017年4月よりNHK「ららら♪クラシック」の司会担当。
オフィシャルサイト

司会:金子奈緒

Nao Kaneko

東京都出身。慶応義塾大学総合政策学部卒業。FM BIRD所属。J-WAVEなどでラジオDJとして活躍。クラシックをはじめ、多岐にわたる音楽に精通している。また気品溢れる声でNHKのテレビ番組ほか、様々な音声コンテンツのナレーションも務めている。著書に『美しく生きる人の話し方レッスン』(日本文芸社)がある。

チケット

S席: 9,800円/A席: 8,800円/P席: 7,800円(税込)
※A席はステージ横〜ステージ裏、P席はステージ裏の座席となります。
※未就学児の入場不可。

◎予定販売枚数は終了しました。
当日券の販売有無は公演直前に当サイトでご案内します。
■プレイガイド情報
イープラス http://eplus.jp/lalala/
チケットぴあ http://w.pia.jp/t/lalala
0570-02-9999 [Pコード:151-964]
ローソンチケット /https://l-tike.com/lalala6/
0570-000-407 [Lコード:32039]
テンポプリモ 03-3524-1221(オペレーター対応 平日10:00~18:00)
http://www.tempoprimo.co.jp/contents/ticket/lalala6.html
サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017(オペレーター対応)
スマホアプリ「パルステ!」 アプリダウンロード
http://www.parco-play.com/parste/
※アプリへの会員登録の他にチケットぴあが運営するパルステ!チケットへの会員登録が必要です(無料)

プログラム

〇「サウンド・オブ・ミュージック」
〇「ウエスト・サイド・ストーリー」
〇「レ・ミゼラブル」
〇「オペラ座の怪人」
〇「ドリームガールズ」 ほか

※2公演は同一出演者ですが、公演により一部曲目が異なります。
※テレビでの放送はありません。
※出演者ならびに演奏予定作品変更の際はご了承ください。出演者変更の場合でも払い戻しはいたしかねます。

フライヤー