ポジティフオルガン組み立てショー

<2023年2月18日 東京・武蔵野市民文化会館> オルガンの演奏を聴いたことがある人は少なくない。しかし、「オルガンの組み立て」を見たことがある人はいるだろうか? 部品の数は? 内部構造は? 組み立ての手順は? そもそもオルガンの発音原理は? そんな疑問におそらくすべて答えてくれる企画が、2023年2月に武蔵野市民文化会館で再び開催される。2022年3月の「オルガン解体ショー」と対になる企画であり、いわば「完結編」だ。製造、調律、メンテナンスにおいて豊富な経験を持つパイプオルガンビルダー、マテュー・ガルニエ氏の解説によるオルガンの組み立てショーでは、ガルニエ氏の手元をスクリーンに映しながら、空っぽの箱がポジティフオルガンに組み上がるまでの様子を余すところなく楽しめる。
 調律の時間を挟んで、武蔵野市民文化会館小ホールのパイプオルガンと、目の前で組み立てたばかりのポジティフオルガンとのアンサンブルが、オルガニストの松居直美、大木麻理の演奏により繰り広げられる。ブルグミュラーの《練習曲集》や、J.S.バッハの《管弦楽組曲第1番》などの親しみやすい作品とともに、ひとつの楽器が産声を上げる瞬間に立ち会おう。

<文・加藤新平>

公演名 ポジティフオルガン組み立てショー
日時 2023年2月18日(土) 16:00開演(15:30開場)
会場 武蔵野市民文化会館 小ホール
出演 [解説・オルガン組み立て]マテュー・ガルニエ
[オルガン]松居直美、大木麻理
プログラム ブルクミューラー:練習曲集
J.S.バッハ:管弦楽組曲第1番
チケット 全席指定:一般:1,000円 4歳~中学生:500円
お問い合わせ 武蔵野市立武蔵野市民文化会館
TEL:0422-54-2011

詳細はこちら

シェア!