サントリーホール ニューイヤー・コンサート 2023 ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団

●このコンサートは終了しました。

<2023年1月1日~3日 東京・サントリーホール> 元日のマチネ。輝かしい音楽を聴いて2023年を迎えよう! 日本を代表する音楽の殿堂サントリーホールにおいて、ウィーンの国民オペラ付属のウィーン・フォルクスオーパー交響楽団の演奏によって、ヨハン・シュトラウスらによる煌びやかなワルツやオペレッタ、ポルカを聴く。これほど喜ばしい新年の門出があるだろうか。さらに、パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクール入選者経験を持つ円熟のヴァイオリニストでありながら指揮者でもあるオーラ・ルードナーに加え、ウィンナ・ダンスに精通したバレエ・アンサンブルSVOウィーンのダンサーが2組、音楽のさまざまな表情を見せてくれる。
 曲目も非常に充実している。ヨハン・シュトラウスⅡ世の代表的オペレッタ《こうもり》の序曲、ワルツ《美しく青きドナウ》など、マスターピースはもちろん欠かさない。それでいてオペレッタの始祖とも言えるスッペの《軽騎兵》序曲、20世紀初頭の一層輝かしいレハールやカールマンの作品など、痒いところに手が届く佳作もある。さらにシュトラウスの盟友ブラームスの有名作品《ハンガリー舞曲第5番》など、新年早々耳を楽しませてくれること間違いなしだ。

<文・小島広之>

公演名 サントリーホール ニューイヤー・コンサート 2023
ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団
日時 2023年1月1日(日・祝)、2日(月・休)、3日(火)
14:00開演(13:00開場)
会場 サントリーホール 大ホール
出演 [ソプラノ]エリーザベト・フレヒル
[テノール]メルツァード・モンタゼーリ
[指揮&ヴァイオリン]オーラ・ルードナー
[管弦楽]ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団
[舞踊]バレエ・アンサンブルSVOウィーン
プログラム 【各日とも】13:20~13:40 プレ・コンサート

ヨハン・シュトラウスⅡ世:オペレッタ《こうもり》序曲、ワルツ《春の声》 作品410、《皇帝円舞曲》 作品437、ワルツ《美しく青きドナウ》 作品314
レハール:オペレッタ《ジュディッタ》より〈友よ、人生は生きる価値がある〉、オペレッタ《ジプシーの恋》より〈ツィンバロンの響きを聞けば〉、オペレッタ《ほほえみの国》より〈ああ、恋をしたい〉〈私の心のすべては君のもの〉〈私たちの心にだれが恋を沈めたのか〉
ヘルメスベルガーII世:悪魔の踊り
カールマン:オペレッタ《マリッツァ伯爵家令嬢》より 二重唱〈ハイと言って、私の大切な人〉
スッペ:オペレッタ《軽騎兵》序曲
ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・フランセーズ《小さな水車》 作品57
ブラームス:ハンガリー舞曲第5番 ト短調

チケット 全席指定:S席12,000円 A席10,000円 B席8,000円
お問い合わせ サントリーホールチケットセンター
TEL:0570-55-0017(10:00~18:00)

詳細はこちら

シェア!