都響スペシャル「第九」

●このコンサートは終了しました。

<12月24日 東京芸術劇場 ほか> 2022年も残すところあとわずか。さあもうすぐ師走だ、クリスマスだ、大晦日だ……と、1年の締めくくりに向けてすべてが忙しく動いているが、ちょっと立ち止まって考えてみてほしい。
 “何か”を、お忘れではないだろうか。
 ……そう、「第九」である。
 クラシック音楽ファンとしては、やはり年末は「第九」だ。「第九」無しでは年が越せない、という人も多いことだろう。
 東京都交響楽団が贈る、今年の「第九」は、1991年から都響との深い縁でつながり、2014年から桂冠指揮者を務める、エリアフ・インバルがタクトを執る。ブルックナーやマーラーを得意とするイメージが強いインバルだが、ベートーヴェンの交響曲第9番もまた、ブルックナーやマーラーに引けを取らないスケール感と多彩な響きを持つ作品であり、長年連れ添う「都響×インバル」のコンビが奏でる「第九」の充実したサウンドは唯一無二のものとなるだろう。
 ソリストはソプラノに隠岐彩夏、メゾソプラノに加納悦子、テノールに村上公太、バスに妻屋秀和と、日本のオペラ界を牽引する二期会の実力派がずらりと並ぶ。
 合唱は二期会合唱団が務める。「第九」の合唱パートは、実はかなりの技量が求められるほか、ベートーヴェンの生きた「古典派」の時代よりも古い、ルネサンスやバロックの時代の様式が採り入れられている。二期会合唱団が「第九」をどう解釈してくるかも目が離せない。
 都響の「第九」は、2022年の締めくくりに欠かせない。クラシック音楽ファンの皆さま、残席僅少なので、ご予約はお早めに。

<文・加藤新平>

公演名 都響スペシャル「第九」
日時・会場 ●12月24日(土) 14:00開演(13:00開場)
東京芸術劇場 コンサートホール

●12月25日(日) 14:00開演(13:00開場)
東京文化会館 大ホール

●12月26日(月) 19:00開演(18:00開場)
サントリーホール 大ホール

出演 [指揮]エリアフ・インバル
[ソプラノ]隠岐彩夏
[メゾソプラノ]加納悦子
[テノール]村上公太
[バス]妻屋秀和
[合唱]二期会合唱団
プログラム ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 op.125 《合唱付》
チケット ※残席僅少
全席指定:S席9,000円 A席8,000円 B席7,000円 C席6,000円
お問い合わせ 都響ガイド
TEL:0570-056-057(平日10:00~18:00)

詳細はこちら

シェア!