熊本マリの夜会 −Soirée Mari Kumamoto

華麗なる幻想美 ~グレン・グールドを思い出しながら…

 <10月11日 東京文化会館>10歳からスペインに移住し、マドリード音楽院、ジュリアード音楽院、英国王立音楽院で学び、1991年にはスペインの作曲家フェデリコ・モンポウのピアノ曲全集の録音を完成させた情熱のピアニスト、熊本マリ。2000年には、NHK教育テレビ『芸術劇場』の「BSクラシック ピックアップ」の司会を務めるなど、テレビやラジオでも活躍している。演奏活動、執筆活動と並行して、講演活動も積極的に展開しているだけあって、コンサートでの軽快なトークにも定評がある。これまでにヨーロッパ各地だけでなく、エジプトのアレクサンドリア、ヨルダンのアンマン、ベネズエラのカラカスなど、世界各国で演奏活動を展開してきた、文字通り国際的ピアニストである。
 本公演は、J.S.バッハの《フランス組曲》第5番や、シューマン(リスト編曲)《献呈》、サン=サーンス(ゴドフスキー編曲)《白鳥》などのよく知られた作品から、《静かな森の小径で》などのリヒャルト・シュトラウスのピアノ独奏曲、そしてモンポウの《歌と踊り》第8番をはじめ、スペインの作曲家の作品や、映画『サウンド・オブ・ミュージック』より《私のお気に入り》まで、様々な時代と地域の作品が並ぶ。熊本のこれまでのキャリアを反映した、世界各地を飛び回るようなプログラムが組まれている。
 ぜひ、上野で世界旅行を楽しんでいただきたい。

<文・加藤新平>

公演名 熊本マリの夜会 −Soirée Mari Kumamoto
華麗なる幻想美 ~グレン・グールドを思い出しながら…
日時 10月11日(火) 18:30開演(18:00開場)
会場 東京文化会館 小ホール
出演 [ピアノ]熊本マリ
プログラム R.シュトラウス:《4つの情緒のある風景》Op.9より 第1曲〈静かな森の小道で〉
ガーシュウィン:ドゥー・イット・アゲイン
J.S.バッハ:マルチェッロによる協奏曲 ニ短調 BWV974
J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻 第5番 ニ長調 BWV850より フーガ
モンポウ:歌と踊り 第8番
J.S.バッハ:フランス組曲第5番 ト長調 BWV816
マラッツ:スパニッシュ・セレナード
R.シュトラウス:ピアノ・ソナタ ロ短調 Op.5 TrV103より 第2楽章
J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻 第2番 ハ短調 BWV847より プレリュード
シューマン=リスト:献呈 S566 R253
ほか
チケット 全席指定:5,000円
お問い合わせ プロアルテムジケ
TEL:03-3943-6677

詳細はこちら

シェア!