新国立劇場 2021/2022 シーズンオペラ
チェネレントラ(新制作)

●このコンサートは終了しました。

 <10月1日〜 東京・新国立劇場>「チェネレントラ」はイタリア語で「シンデレラ」を意味する言葉です。厳しい環境で過ごしながらも健気に頑張り続ける主人公にやがて幸運が舞い込む、そんな物語を “シンデレラストーリー” と呼ぶように、「シンデレラ」は希望の象徴のようでもあります。そんなおなじみの物語が、楽しさいっぱいの極上のオペラとして上演されます!

『チェネレントラ』セットプラン

 ロッシーニが作曲したオペラ『チェネレントラ』は、変装に次ぐ変装で笑いいっぱいに進み、愉快な重唱、華麗な装飾満載のアリア、アジリタで盛り上がるクライマックスと、ロッシーニの魅力が満載です。フィナーレのチェネレントラのアリア《苦しみと涙のうちに生まれ》は、メゾソプラノの絢爛たるアリアとして独立して演奏されることも多い名曲です。

『チェネレントラ』のセットプラン

 今回の舞台は1950~70年代に隆盛を極めたローマのチネチッタ(映画撮影所)に設定されています。「チェネレントラ」の映画を撮影しようとしているプロデューサーと映画監督がヒロインの女優を探す物語で、ロッシーニが描く、自分の力で幸せな人生を勝ち取る少女の姿が、ヒロインを勝ち取る女優に重なるのです。ロッシーニの『チェネレントラ』には、誰しも自分の力で立ち上がって幸せを掴むことができるという人生の応援メッセージがいっぱいです。魔法に助けられるロマンティックな『シンデレラ』とは一味違う、等身大で賢明な女の子の物語には共感できる部分が多いのではないでしょうか。レトロタッチでチャームポイント満載の美術・衣裳にも注目です。
 演出はイタリア・オペラの名手の粟國淳、指揮は新国立劇場オペラ音楽チーフ、城谷正博が務めます。さらに近年イタリアで大躍進を遂げベルカントの主役を次々射止めている脇園彩が登場し、得意のアンジェリーナ(チェネレントラ)役をオペラパレスで披露します。

<文・ららら♪クラブ編集部>

公演名 新国立劇場 2021/2022 シーズンオペラ
チェネレントラ(新制作)
日時 2021年10月1日(金)19:00
2021年10月3日(日)14:00
2021年10月6日(水)19:00
2021年10月9日(土)14:00
2021年10月11日(月)14:00
2021年10月13日(水)14:00
会場 新国立劇場 オペラパレス
出演 [指揮]城谷正博
[演出]粟國 淳
[美術・衣裳]アレッサンドロ・チャンマルーギ
[照明]大島祐夫
[振付]上田 遙
[ドン・ラミーロ]ルネ・バルベラ
[ダンディーニ]上江隼人
[ドン・マニフィコ]アレッサンドロ・コルベッリ
[アンジェリーナ]脇園 彩
[アリドーロ]ガブリエーレ・サゴーナ
[クロリンダ]高橋薫子
[ティーズベ】齊藤純子
[合唱]新国立劇場合唱団
[管弦楽]東京フィルハーモニー交響楽団
プログラム ロッシーニ:チェネレントラ
全2幕〈イタリア語上演/日本語及び英語字幕付〉
予定上演時間:約2時間50分 休憩含む
チケット S席:27,500円
A席:22,000円
B席:15,400円
C席:8,800円
D席:5,500円
お問い合わせ ■新国立劇場ボックスオフィス
TEL:03-5352-9999 (10:00~18:00)
新国立劇場Webボックスオフィス

詳細はこちら

シェア!