子どもたちとアンドロイドが創る新しいオペラ
渋谷慶一郎作曲 Super Angels スーパーエンジェル

チケット一般発売開始:2021年7月10日(土)10:00〜

オルタ3(Supported by mixi.,Inc)

<8月21日・22日 東京・新国立劇場>この夏、新国立劇場でアンドロイドと子どもたちが創り出す画期的なオペラが誕生!
いつも挑戦に満ちたプログラムで日本から世界に舞台芸術を発信し続ける新国立劇場では8月に、大人から子どもまで楽しめるこれまでにないオペラの上演が予定されています。なんとアンドロイドのオルタ3*が出演し、子どもたちの合唱やオペラ歌手、オーケストラ、バレエダンサーと関わり合いながら、共に歌い演じるのです。(*オルタ3とは、生命、生命感とは何かを追求し、コミュニケーションの可能性を探るために開発されたアンドロイド。オルタ1、2を経てオーケストラの指揮や歌唱を想定して改良された3代目にあたる。)
本作の作曲を手がける渋谷慶一郎はこれまでもこのオルタ3とともに、さまざまなプロジェクトを行なってきました。今回、そんなオルタ3と共演するのは世田谷ジュニア合唱団や、視覚障害や聴覚障害のある子どもたちを中心に白い手袋をして音楽を表現する、ホワイトハンドコーラスNIPPON。また、芸術監督・指揮に大野和士、キャストには少年アキラ役にカウンターテナーとして世界で活躍する藤木大地、アキラが恋するエリカには可憐なコロラトゥーラの三宅理恵ら、日本有数のオペラ歌手たちも出演します。さらに新国立劇場バレエ団も参加し、オペラ、舞踊、演劇全ジャンルのコラボレーションが実現するという、この上なく豪華でありながら先端的なプロジェクトなのです。
本作では「科学技術」、「共生」がテーマになっているそうです。オルタ3、子どもたち、さらには一流のアーティストたちとの共演は、舞台芸術ならではの表現で日本のみならず世界を魅了することでしょう。ぜひその貴重な瞬間を会場で見届けてみませんか?
<文・ららら♪クラブ編集部>

 

針生 康(総合舞台美術)による舞台装置イメージ

 

公演名 令和3年度日本博主催・共催型プロジェクト
子どもたちとアンドロイドが創る新しいオペラ
渋谷慶一郎作曲 Super Angels スーパーエンジェル<新制作 創作委嘱作品・世界初演>
全1幕〈日本語上演/日本語及び英語字幕付〉
日時 2021年8月21日(土)・22日(日)両日 14:00 開演
会場 新国立劇場 オペラパレス
出演 [指揮]大野和士
[管弦楽]東京フィルハーモニー交響楽団
ゴーレム3 :オルタ3
アキラ :藤木大地
エリカ :三宅理恵
ジョージ:成田博之
ルイジ :小泉詠子
世田谷ジュニア合唱団/ホワイトハンドコーラスNIPPON/新国立劇場合唱団
渡邊峻郁/木村優里/渡辺与布/中島瑞生/渡邊拓朗(新国立劇場バレエ団)
プログラム 渋谷慶一郎:Super Angels スーパーエンジェル
<新制作 創作委嘱作品・世界初演>
全1幕〈日本語上演/日本語及び英語字幕付〉
[総合プロデュース]大野和士
[台本]島田雅彦
[作曲]渋谷慶一郎
[演出監修]小川絵梨子
[総合舞台美術]針生 康
[映像]WEiRDCORE
チケット 大人 6,600 円(中学生以上)
子ども(4 歳から小学生)3,300 円
【前売開始】2021年7月10日(土)10:00
お問い合わせ ■新国立劇場ボックスオフィス
TEL:03-5352-9999 (10:00~18:00)
新国立劇場Webボックスオフィス

詳細はこちら

シェア!