北九州国際音楽祭

木嶋真優(ヴァイオリン) 横山幸雄(ピアノ)

<11月8日 福岡・北九州市立響ホール>

 昭和63年(1988年)に北九州市制25周年を記念して創設され、「暮らしを彩る」まちづくりの取り組みの1つの柱として開催されている、北九州国際音楽祭。音楽祭では①北九州国際音楽祭オリジナル企画による創造と発信 ②海外オーケストラを聴ける機会の提供 ③質の高いクラシック音楽の鑑賞機会拡大 ④未来を担う子どもたちに音楽を ⑤広く市民が音楽に親しむ機会 を目指し、これまで30年以上に渡って音楽を届け、地域や社会に貢献してきた。
 その中から、バイオリニスト・木嶋真優とピアニスト・横山幸雄のデュオコンサートをご紹介しよう。10代の頃からヨーロッパで研鑽を積み、そこで培った技術と豊かな感性がほどよくブレンドされ、注目を集める木嶋。かたや長年音楽界のトップランナーを走り続ける横山。この2人でヴァイオリン小品の名曲から大作、シューマンのヴァイオリンソナタまで演奏予定だ。木嶋の華やかな音色と確たる技術をじっくりと味わうにはもってこいの作品だろう。また横山のショパン作品の独奏も忘れてはいけない。これぞショパン、の名作を披露する予定だ。

日時 2020年11月8日(日)15:00開演(14:00開場)
会場 北九州市立響ホール
出演 木嶋真優(ヴァイオリン)
横山幸雄(ピアノ)
演目 エルガー:愛の挨拶 op.12
ファリャ:スペイン舞曲
ショパン:バラード 第1番 ト短調 op.23
ショパン:スケルツォ 第2番 変ロ短調 op.31
ショパン:ポロネーズ 第6番 変イ長調 op.53「英雄」
ブラームス:F.A.E.ソナタ 第3楽章 スケルツォ ハ短調 WoO.2
シューマン:ヴァイオリン・ソナタ 第2番 ニ短調 op.121

※やむを得ぬ事情により、演奏者、曲目の一部が変更になる場合もございます。あらかじめ、ご了承ください。

詳細はこちら

木嶋真優(ヴァイオリン)
2016年第1回上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクール優勝。2000年第8回ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール・ジュニア部門にて日本人として最年少で最高位受賞。2011年ケルン国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で優勝、併せてその優れた音楽的解釈に対しDavid Garrett 賞も受賞した。2002年度文化庁海外派遣研修員。2015年秋にはケルン音楽大学大学院を満場一致の首席で卒業、ドイツの国家演奏家資格を取得。現在日本とヨーロッパに拠点を置き、意欲的に活動を行なっている。使用楽器はNPO法人イエロー・エンジェル、宗次コレクションより特別に貸与されたAntonio Stradivari 1699 ”Walner”。
オフィシャル・ホームページ
       

横山幸雄(ピアノ)
1990 年ショパン国際ピアノコンクールにおいて歴代の日本人として最年少入賞を果たし、文化庁芸術選奨文部大臣新人賞など数多の賞を受賞。 ポーランド政府より「ショパン・パスポート」を授与。自ら企画する「入魂のショパン」はギネス世界記録に認定され、2019 年には 3 日間でショパンの全作品を演奏しその記録をDVDとしてリリース。継続的に開催される意欲的な企画は常に高く評価される。パリにてラヴェルの全ピアノ独奏曲演奏会、ポーランドリサイタルツアーなど海外にも活躍の場を広げる。これまでリリースされた CD は、文化庁芸術祭レコード部門優秀賞、国際F.リスト賞レコードグランプリ最優秀賞等栄えある賞を受賞。エリザベト音楽大学客員教授、名古屋芸術大学特別客員教授、日本パデレフスキ協会会長。
オフィシャル・ホームページ  

シェア!