石丸幹二&読売アンサンブル
モーツァルト 最後の5年

<2月12日 よみうり大手町ホール> 石丸幹二が語り、読響アンサンブルが演奏する、偉大なるクラシック作曲家シリーズ。2018年の「ベートーヴェン、創作の源」に続く第2弾は、珠玉の作品群をうみだしたモーツァルト最後の5年に迫ります。

会場 よみうり大手町ホール
日時 2020年2月12日(水) 14:00開演
料金 全席指定 6,500円(税込)
※未就学児入場不可
出演 語り:石丸幹二
演奏:読売日本交響楽団メンバーによるアンサンブル
演奏曲 〇歌劇「フィガロの結婚」序曲(小編成アンサンブル)
〇ピアノと木管楽器のための五重奏曲 K.452
〇アイネ・クライネ・ナハトムジーク
〇クラリネット五重奏曲
〇アヴェ・ヴェルム・コルプス ほか
※楽章を抜粋して演奏。曲目は変更する場合あり。
問い合わせ 読売新聞東京本社事業開発部
TEL:03-3216-8606(平日10:00〜17:00)

詳細はこちら


シェア!