らららの「Vol.1リポート」

らららの「Vol.1リポート」

~「Vol.1♪リポート」は、「ららら♪クラブ」のマスコット、らららちゃんがお届けします~
らららちゃんは、クラシック音楽が大好き。世界のステキな音楽をナマで味わえる演奏会やさまざまな音楽家とふれ合えるひとときを企画したり、音楽の楽しみ方をいろんな方法で伝えたりしています。そして、コンサートやイベントなどに、こっそり潜入して、みんなといっしょに音楽を楽しんではシャバダバ…。「ららら♪クラシックコンサート」で、アナタの隣の席で聴いてるかも!

「ららら♪クラシックコンサート Vol.1」ヴァイオリン名曲特集
2018年2月3日(土) 14時開演 サントリーホール 大ホール


待ちに待った第1回コンサート! おかげさまでチケットは売り切れ、会場のサントリーホールは満席でした。プログラムは「ヴァイオリンの名曲特集」です。

 松田理奈さんによる、クライスラーの「テンポ・ディ・メヌエット」で開演。柔かな弓使い、純度の高い音色に引き込まれて、「愛の悲しみ」「前奏曲とアレグロ」と、あっという間に思えたほど。


 次に、新成人の辻彩奈さんが、フランクの「ヴァイオリンソナタ イ長調」の第3・第4楽章を色彩感豊かに演奏。まるで嵐の後の静けさのなか、生きてることへの感謝を表すかのよう。詩情に満ちていて、繊細なビブラートがジ~ンと心に響きます。


 ヴァイオリンのスゴ技を堪能させてくれたのは成田達輝さん。



難曲のパガニーニ「24のカプリース」第24番で、重音の高速パッセージや左手の指で弦をはじく特殊なピチカートなどの妙技を見事に披露。客席は釘付けで、ぽかんと口を開けて聴き入る人も見受けられました。しかも司会の高橋克典さんらとのトークでは、占星術にハマっている話が飛び出して、お客さんは興味津々。作曲家と演奏家の相性を調べて、曲選びの参考にしてるそうな!? らららの「モテ期」も、こっそり占ってくれないかな…。

宮本笑里さんは、エルガーの「愛のあいさつ」やモンティの「チャールダーシュ」などを弾き終えると、世界的オーボエ奏者だった父・文昭さんとの思い出話に。真剣にヴァイオリンを始めた中学時代からは師匠と弟子の関係で「私が一音出しただけで、『テンポが違う!』と怒って、メトロノームを耳のそばまで近づけてきて…」って。ひゃあ~、キビシイ! 当時のヴァイオリンには涙の跡が残ってるんだって。


 トリの川久保賜紀さんが、ベートーヴェンの「春ソナタ」こと「ヴァイオリンソナタ第5番」の第1楽章を奏でると、会場は幸福感いっぱいのロマンチックな響きで満たされて、お客さんはうっとり。さらに、サラサーテの「ツィゴイネルワイゼン」をカッコよくキメて大喝采となりました。


 アンコールは、5人でブラームスの「ハンガリー舞曲第5番」を演奏する、らららスペシャル。フレーズを受け渡しながら進行し、終盤は5人で合奏もして、華やかにフィニッシュ! 盛り上がって無事にお開きとなり、らららは感激!


次回は、6月5日火曜18時30分から、上野の東京文化会館大ホールで、ピアノ演奏をたっぷりと! 今回来られなかった人も、ぜひいらしてね。待ってまーす!